スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -

いつもと変わらぬ日々、
今日もいつもの場所で2人が出会い、
ただ話をするだけ。
それが楽しくて仕方なかった。



ある日突然、
いつものように君と話してたら
様子が違った。
どうしたの?ってたずねたら、
あたしは驚いた。
君に好きな人がいたなんて



ずっとこの時が続けばいいと思ってた
でもそれは叶わぬ現実
それでもあたしは願い続けた
あたしが君の隣の存在になれるように



あたしは君に問いかけた。
好きな人って誰なの?って
返ってきた答えは秘密だってさ。
あたしには言えない人なんだね。



翌日君が顔を赤くして話してた相手は
あたしの友達だった。
知りたくなかった現実を、
受け入れなければならないんだね。



きっとすぐ終わると信じてた
ただのきまぐれと言ってよ
それからあたしはどうすれば
この気持ちを整理できるのかを考えてた



Ah...一緒にいられる時間が少なくなってきました。
あたしはまだ君に気持ちを伝えてません。
君はあの子に伝えたのかな。
先にあたしが気持ち伝えても良いですか?



ずっとこの時が続けばいいと思ってた
でもそれは叶わぬ現実
それでもあたしは願い続けた
あたしが君の隣の存在になれるように



今から君に伝えたいことがあるんだ。
だから照れないで聞いてね。



君に気持ちを伝えられたとき、
また新しい道が増えた。

 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>